« Terme 温泉(おんせん) | トップページ | IL SUMO 相撲 »

2007年3月21日 (水曜日)

苺狩り(いちごがり)   andare a cacciare ( mangiare ) le fragole     

Pict0015

  Sono andata a mangiare le fragore di coltivate in serra con amici. Il andare a cercare e mangiare le fragole, si chiama ” ICIGO GARI ” in giapponese. In caratteri cinesi, si scrive ”苺狩り”. La parola ”苺” significa fragora, e poi la parola”狩り” significa cacciare. Penso che queste parole siano un po' divertenti ! In giappone, si può cacciare le mele, le uve, le ciliegie, ecc !? ( scherzo! )

A proposito, quando si va in montagna ad ammirare le folie rosse, si esprime " 紅葉狩り(もみじがり)に行く MOMIJI GARI NI IKU ".  MOMIJI significa le forlie rosse, e poi GARI significa ammirare, NI IKU significa andare. Anche questo caso, " cacciare " non è significa "andare a cacciare ".

友人と温室栽培の苺を食べに行きました。苺を探したり、食べたりすることを、日本語で「苺狩り」といいます。漢字では、「苺狩り」と書きます。「苺」という言葉は「いちご fragola(フラゴーラ)」という意味、そして「狩り」という言葉は「獲物を狩る cacciare(カッチャーレ)」という意味です。この言葉の意味は少し面白いと思います。日本では、りんごやぶどう、さくらんぼ等も狩ることが出来るんですよ!? (冗談!)

 ところで、紅葉を観賞しに行く時も「紅葉狩りに行く」と表現します。「もみじ」は「紅葉」を、「狩り」は「観賞」を、「に行く」は「行く」という意味です。この場合も、「狩り」は「獲物を狩る」という意味ではありません。

Pict0035 Pict0023 

             

|

« Terme 温泉(おんせん) | トップページ | IL SUMO 相撲 »

コメント

チャオ!

読んでおもしろかった。
猟犬も連れていったかな。。。^^

とにかく、特殊な読みの漢字と表現も説明してくれてありがとう。

投稿: Pedro | 2007年3月30日 (金曜日) 午前 06時15分

ciao Pedro,
grazie il tuo messagio ongi volta.
se ci vado con un cane da caccia, è molto divertente! ^_^

チャオ ペドロ、
毎回メッセージをありがとう。
もし、そこに猟犬を連れて行ったら、とっても面白いね! ^_^

投稿: hiroco | 2007年3月30日 (金曜日) 午後 10時52分

Ciao Hiroko!
Quante fragole ci hai mangiato? 
Penso sempre che "狩り" sia una parola un po' strana.
Quando ero studentessa di liceo sono andata in montagna a Kyoto
per MOMIJIGARI, ci hanno venduto i TEMPURA delle foglie rosse a
un bancarella. Conoscevo il TEMPRA di SHISO ma e' stata la prima
volta per me vedere cosi' quello allora l'ho provato a comprare e
l'ho assaggiato. (Sapeva di sale come merenda!)
Se si va in montagna ad ammirare le folie rosse, dipende dal posto
si possono mangiarle, non solo ammirarle!
A proposito c'e' una parola "オヤジ狩り" in giapponese, vero?
(Si pronuncia "OYAJI GARI".) Che una parola paurosa!
Anche in questo caso non ha bisogno di cane
e non c'e' un significato "Ammirare". (^^)

チャオ、ヒロコさん!
苺、いくつ食べましたか?
私、いつもこの”狩り”というのはちょっと変な言葉だなぁと思います。
高校生の時に京都の山間部に紅葉狩りに行ったら、屋台で紅葉の天ぷら
というのが売られていました。大葉(紫蘇)の天ぷらは知っていたけれど、
紅葉のなんて初めて見たので、試しに買って食べてみました。
(塩味のスナック菓子みたいでしたよ)
紅葉狩りに行っても、場所によっては見るだけじゃなく食べることもできる!
ところで、日本語にはオヤジ狩りって言葉もありますよね。怖い言葉です~。
この場合も猟犬は必要ないけど、鑑賞するって意味もないですね(笑)。

投稿: Sachiko | 2007年4月 8日 (日曜日) 午後 04時30分

Ciao Sachiko,
come stai? Grazie mille per il tuo messaggio. Non conoscievo i TEMPURA delle foglie rosse! Che bello! Posso mangiarli un'altri posti? Vorrei provarli.
A proposito, dimenticavo la parola " OYAJI GARI " che hai scritto. Ho paura!!
é meglio che non spiego un significato di questa parola, vero?

チャオ Sachikoさん
元気ですか?メッセージをありがとう。
紅葉のてんぷらなんて、知りませんでした!素敵!別の場所でも食べられるかしら?試してみたいです。
ところで、Sachikoさんが書いてくれた「オヤジ狩り」という言葉、忘れていました。怖い~。
この言葉の意味は説明しないほうが良さそうですよね?


投稿: hiroco | 2007年4月 9日 (月曜日) 午後 10時43分

Ciao Hiroco!
Ciao Sachiko!

Come va?元気?

E' un peccato che io non abbia provato neanche il tempura normale quando sono stato in Giappone!! T_T
Non sapevo che ci fossero altri tipi di tempura.
Ho trovato interessante anche l'espressione '怖い言葉'! Significa 'parola che non si dovrebbe dire, perche' scortese' ?


日本で普通の天ぷらを食べることもなかったのは残念だよT_T
別の種類の天ぷらもあることを知らなかった。
「怖い言葉」って表現もおもしろかった。「失礼で言うべきではない言葉」という意味なんだろうか?

投稿: Pedro | 2007年4月18日 (水曜日) 午後 05時40分

Ciao Pedro,
grazie per il tuo messaggio. Il tuo dubbio nel messaggio, per me è molto interessante, ma questa parola ha veramente un significato paura....
Un giorno ti preparerò il tempura! Che tipo del tempre vuoi mangiare?

チャオ ペドロ、
メッセージをありがとう。ペドロの疑問は私にとって、とても興味深いのですが、この言葉は本当に怖い意味を持っています...
いつか、ペドロに天ぷらをつくりましょう!どんな天ぷらが食べたいですか?

投稿: hiroco | 2007年4月22日 (日曜日) 午後 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142650/14345294

この記事へのトラックバック一覧です: 苺狩り(いちごがり)   andare a cacciare ( mangiare ) le fragole     :

« Terme 温泉(おんせん) | トップページ | IL SUMO 相撲 »